AGA治療と使われる薬について

###Site Name###

薄毛で悩んでいる人は男性でも女性でも多くいると言われています。

最近テレビのCMの影響からかAGAという言葉はかなり認知度があがってきました。

AGAとは、脱毛の症状の1つで、髪の毛が細くなり、抜け毛が増えて、頭頂部が薄くなることを言います。
別名、男性性脱毛症と呼ばれ、何らかの原因で男性ホルモンが毛母細胞の活動を妨げていることが関わっていると言われています。女性でも男性ホルモンの影響で脱毛することもありますが、どちらかというと、もともと男性ホルモンが少ない女性の場合、原因はそれだけでなく、加齢やストレス、偏った食生活などが複雑に重なって発症していると言われています。


まずは薄毛の原因が何なのかを専門医としっかりカウンセリングすることが大切と言われています。


AGA(男性型脱毛症)治療では主に内服薬か塗り薬が使われます。

代表的な治療薬として、飲む薬である「プロペシア」とつける薬である「ミノキシジル」があります。


前者は飲む育毛剤として1997年にAGA治療薬としてFDAに認可され、臨床試験でも高い効果をあげています。

内服することによって男性ホルモンによる発毛障害を防ぎ正常な髪の成長を取り戻す効果があるとされています。



また後者は塗ることで直接毛母細胞に働きかけ、血行促進することで毛母の細胞分裂を活発化させて発毛を促す治療薬です。



どちらも治療薬として安全性は認可はされていますが、発生率は少ないとされていても、副作用もみられることがあるので注意が必要です。

教えてgooの情報はここで調べよう。

特に女性の場合は副作用の関係から男性ホルモンの薬は使用できないケースもあるので気をつけなくてはいけません。